Cloud Solutions

Exchange Online - セカンダリアドレス と プラスアドレス で送受信する

2022年3月7日

自分
閲覧ありがとうございます。ゆっくり よんでいってください

本記事に記載の内容は、
「Exchange Online - セカンダリアドレス と プラスアドレス を利用する方法」に関する内容となっています。
ぜひ参考にしてください。

2021年後半に、Exchange Online のセカンダリアドレスで送信することが可能になりました!!

規定では受信しかできないため、PowerShellでの設定が必要です。

 

Exchange Online - セカンダリメールアドレス ってなに? どんな機能?

普段利用するプライマリメールアドレス以外に、
利用したいアドレスが存在する場合に設定し利用することが出来るメールアドレスを指します。

もっと簡単に説明すると、1つのメールボックスに複数のメールアドレスが付与されている状態です。

メインで利用していたアドレスとは別のメールアドレスで送受信をしたい場合に利用します。
そのため、用途に応じて別のメールアドレスを使うといったことが同一メールボックス可能となります。

どうやって設定するのか悩まれている方を多くいらっしゃるので設定方法をまとめています。

 

セカンダリメールアドレス 設定方法

セカンダリアドレスの設定方法を以下に記載します。

セカンダリアドレスで、メールの送受信を行いたいけどどうすればよいの?と悩まれている方は、
本記事を読んでいただければ、その悩みを解決できますよっ

セカンダリアドレス 追加方法

Exchange 管理センター から セカンダリアドレスを追加する

  1. 管理者権限を持つ Microsoft 365 アカウントで、Exchange 管理センターを開きます。

  2. 画面左側メニューの[受信者]をクリックし、展開されたメニュー内の[メールボックス]をクリックします。

  3. 開かれた[メールボックス]画面にて一覧表示されたユーザーの中から
    セカンダリアドレスを付与したいアカウントの[表示名]をクリックして
    画面右側に開いたメニュー内の[メールアドレスの種類の管理]をクリックします。
    [メールアドレスの種類の管理]をクリック

  4. 開いた画面の[メール アドレスの種類の管理]にて、[+ メール アドレスの種類を追加]をクリックします。
    [+ メール アドレスの種類を追加]をクリック

  5. 開いた画面の[新しいメール アドレス]にて、以下設定を行い[OK]をクリックします。
    • メールアドレスの種類:SMTP
    • メールアドレス:利用したいセカンダリアドレス
    • このアドレスを返信アドレスに設定する:チェックは入れません
      利用したいセカンダリアドレスを設定
  6. [メール アドレスの種類の管理]画面に戻るので、
    追加したセカンダリアドレスが表示されていることを確認し、[保存]をクリックします。
    追加したセカンダリアドレスが表示されていることを確認し、[保存]をクリック

Azure AD Connect 利用環境 での セカンダリアドレス追加方法

  1. Active Directoryに管理者権限アカウントでアクセスします。

  2. 対象のユーザーアカウントを探し、プロパティを開きます。

  3. [属性]タブをクリックし、[ProxyAddresses]をダブルクリックして、編集画面を開きます。
    [属性]タブをクリックし、[ProxyAddresses]をダブルクリックして、編集画面を開きます

  4. [複数値の文字列エディター]が開いたら、[追加する値]に以下のように入力し[追加]をクリックします。
    • プライマリアドレス:[SMTP:<普段利用しているメールアドレス>]
    • セカンダリアドレス:[smtp:<セカンダリアドレスとして追加したいメールアドレス>]
      ※複数のセカンダリアドレスを追加することも可能です。
       追加したい場合は、入力して追加を繰り返してください。
      プライマリアドレス:[SMTP:<普段利用しているメールアドレス>] セカンダリアドレス:[smtp:<セカンダリアドレスとして追加したいメールアドレス>]
  5. [値]欄に、入力して追加をクリックしたメールアドレスが含まれていることを確認して
    [OK]をクリックします。
    後は、Azure AD Connect の同期を待ちましょう。

 

 

セカンダリメールアドレス で送信できるようにする

PowerShellで、Exchange Onlineに接続する必要があります。
事前に、以下コマンドでモジュールを入れておいてください。

 command
Install-Module -Name ExchangeOnlineManagement

  1. 以下コマンドを実行し、Exchange Onlineに接続します。
    コマンド実行時に、Microsoft 365アカウントでの認証が必要なので管理者アカウントで認証してください。
     command
    Connect-ExchangeOnline 
    

    Connect-ExchangeOnline 

  2. 以下コマンドを実行し、現在のセカンダリメールでの送信可否を確認します。
    実行結果として、[False]が表示されれば セカンダリメールでの送信は不可状態です。
     command
    Get-OrganizationConfig | Out-String -Stream | Select-String SendFromAliasEnable
    

    Get-OrganizationConfig | Out-String -Stream | Select-String SendFromAliasEnable

  3. 上記2のコマンドで[False]だった場合は、以下コマンドを実行し[True]にします。
    このコマンドを実行することで、セカンダリアドレスからの送信が可能になります。
     command
    Set-OrganizationConfig -SendFromAliasEnable $True
    

    Set-OrganizationConfig -SendFromAliasEnable $True

  4. 改めて以下コマンドを実行し、結果が[True]に変わったことを確認します。
    変わらない場合は、少し時間を置いてから改めてコマンドを実行してみてください。
     command
    Get-OrganizationConfig | Out-String -Stream | Select-String SendFromAliasEnable
    

    Get-OrganizationConfig | Out-String -Stream | Select-String SendFromAliasEnable

 

セカンダリメールアドレス で 送受信 が出来るか確認する

上記設定を行ってもプライマリメールアドレスとセカンダリメールアドレス宛に
メールを送信しても、ちゃんとメールが受信されるのか確認をしました。
プライマリメールアドレス 受信確認
セカンダリアドレス 受信確認

確認が出来たところで、さっそくセカンダリメールアドレスを差出人にしてメールを出してみます。

  1. セカンダリメールアドレスを設定したアカウントのメールボックスを参照している
    Outlookを開きます。

  2. [+新しいメール]からメールを新規作成します。

  3. Outlookは既定で、[差出人]欄が表示されていないので
    まずは[差出人]欄を表示します。
    ※1度表示すれば、今後表示され続けます。
    [差出人]欄を表示します。

  4. 規定で設定されている差出人が[プライマリアドレス]になっていることを確認します。
    差出人が[プライマリアドレス]になっていることを確認

  5. [差出人(M)]をクリックして、[他の電子メールアドレス...]をクリックします。
    [他の電子メールアドレス...]をクリック
  6. 表示された入力欄にて、[セカンダリメールアドレス]を入力します。
    ※1度入力することで、次回以降は[差出人(M)]をクリックしたときに候補として表示されます。
    その後、メール文面を作成して[送信(S)]をクリックします。
    [セカンダリメールアドレス]を入力
  7. 送信したメールが、[送信済みアイテム]に入っていることを確認します。
    送信したメールが、[送信済みアイテム]に入っていることを確認

  8. 指定した宛先に、メールが届いたことを確認します。
    宛先に、メールが届いたことを確認

  9. 念のため、宛先が受信したメールを返送します。
    宛先が受信したメールを返送

  10. 返送されてきたメールも受信できたことを確認して完了です。
    返送されてきたメールも受信できたことを確認して完了

 

 

Exchange Online - プラスメールアドレスってなに? どんな機能?

普段利用するプライマリメールアドレスに プラス記号( + )を付けることで、
[hoge+news@foo.com]といったメールアドレスで送受信可能になる機能です。

セカンダリアドレスとは違い、事前にメールボックスに設定しておく必要はないので
必要な時に必要なタイミングで利用者が任意のメールアドレスで送受信できる機能です。

自動振り分け機能を使うことで、[hoge+news@foo.com]に来たメールは[ニュース]トレイに振り分けたりと
メールボックスの受信トレイが汚れることを防ぐのにも役立ちます。

 

プラスメールアドレス で送受信できるようにする

プラスメールアドレスを有効化する

PowerShellで、Exchange Onlineに接続する必要があります。
事前に、以下コマンドでモジュールを入れておいてください。

 command
Install-Module -Name ExchangeOnlineManagement

  1. 以下コマンドを実行し、Exchange Onlineに接続します。
    コマンド実行時に、Microsoft 365アカウントでの認証が必要なので管理者アカウントで認証してください。
     command
    Connect-ExchangeOnline 
    

    Connect-ExchangeOnline 

  2. 以下コマンドを実行し、現在のプラスアドレスでの送受信可否を確認します。
    実行結果として、[False]が表示されれば プラスメールでの送受信は不可状態です。
     command
    Get-OrganizationConfig | Out-String -Stream | Select-String AllowPlusAddressInRecipients
    

    Get-OrganizationConfig | Out-String -Stream | Select-String AllowPlusAddressInRecipients

  3. 上記2のコマンドで[False]だった場合は、以下コマンドを実行し[True]にします。
    このコマンドを実行することで、プラスアドレスからの送受信が可能になります。
     command
    Set-OrganizationConfig -AllowPlusAddressInRecipients $True
    

    Set-OrganizationConfig -AllowPlusAddressInRecipients $True

  4. 改めて以下コマンドを実行し、結果が[True]に変わったことを確認します。
    変わらない場合は、少し時間を置いてから改めてコマンドを実行してみてください。
     command
    Get-OrganizationConfig | Out-String -Stream | Select-String AllowPlusAddressInRecipients
    

 

プラスメールアドレス で 送受信できるか確認する

上記章の[セカンダリメールアドレス で 送受信 が出来るか確認する]を参考にしてください。
差出人をプラスアドレス[hoge+news@foo.com]に変更することで、送受信確認が可能です。

 

 

さいごに・・・

自分
ここまで読んでいただきありがとうございますっ。

悩まれている方が意外と多い、セカンダリアドレスでの送受信ですが、
本手順を読んでいただければ設定を簡単い行うことが可能です。

特に要望が多くあったセカンダリメールアドレスでの送受信が、Exchange Onlineで出来るようになっています。
手順として画像付きでまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。


-Cloud Solutions